当サイトについて

夫婦

何歳の結婚・出産が幸せなのか

結婚や出産は、何歳の時が一番幸せだと思いますか?
幅が広いので、まずは20代前半と30代後半で考えてみましょうか。

20代前半で結婚した場合、最高のタイミングで最高の幸せを手に入れることが出来るといえます。
出産や子育てでも一番輝くタイミングがありますが、20代前半はそれに当てはまります。

ポジティブで若くて柔軟で、なんでも出来る20代前半だからこその楽しみ方がありますし、出産されない場合でも若い夫婦二人でいろんなことが出来ます。
最もメリットと言えば、若いときに子供ができると「若いママだね」と言われたり、若さを保とうと必死になるうちに40代になって、二十歳の娘と並んで歩いている美人なお母さんなんて印象がつくことも。

「自分のしたいことが若いうちにできない」のは一番のデメリットですが、退屈さや不自由さを我慢し乗り越えると幸せな将来が待っていることは目に見えています。
では、30代後半の結婚・出産はどうでしょう。

30代後半の結婚をおすすめしない理由

やはり若い時に自由に好きなことをして、決心をして家庭へと入ったほうが上手くいく、なんて言われています。
実際に、20代で結婚された方の3組に1組は離婚を経験しているなんて言われていますし、30代後半で結婚した方が将来的には良いと言えます。

ですが、子供がほしいのであれば30代後半の結婚は向いていません。
そもそも体力がありませんし、高齢出産のリスクは高く男性も決心がつきにくいといえます。

これまで自由にしていた生活が一変して子供中心の生活へとなるわけですから、若い世代のパパのほうが子煩悩だとも考えられます。
出産・子育ては大変です。
子供の体力は成長するにつれて増えていきますが、40代に突入してその体力と向き合えるとは思えません。

そこで、やはり20代前半の結婚・出産の方が幸せを掴みやすいといえるのではないでしょうか。
何が合っても柔軟に対応できる、苦難に屈することなく立ち向かえるだけの体力と力、思考を持っている20代前半の結婚は、良い未来がイメージしやすいとは思いませんか?

当サイトについて

当サイトでは、20代の若い夫婦に向けて、結婚生活・子育てに関する情報を発信しています。
結婚生活では悩みがつきもの。
ですが、20代だからこそ強くゆったりと落ち着いた気持ちで挑み、打ち勝ちましょう。

また、20代での結婚は経済的に辛いことだってあるでしょう。
共働きで働かなければ苦しいのに、待機児童が多く保育園へ子供を預けることができない家庭も多い。

そこで、2015年から導入される子育て支援制度を利用し、子供をのびのびを保育園へ預け経済的余裕が持てるよう活用していきましょう。
当サイトでは、子育てについて、結婚について様々な場面で活用できるであろう情報を発信します。

サイトメニュー

>>結婚までの流れ
結婚までの流れとは

>>結婚式
結婚式を計画しよう

>>子育て
子育てに役立つ情報