婚約指輪を選ぼう

婚約指輪とは

婚約指輪というのは、男性が女性に婚約の記念にと贈るものです。
結婚をすれば結婚の証として夫婦揃って結婚指輪を身に付けるものです。

そのために、婚約指輪というのは婚約期間のみ身につけることが多いため、一昔前には節約も兼ねて婚約指輪は受け取らず、その分のお金を結婚式費用にあてたり新居の購入費用にあてたりという人も多くいました。
しかし、ここ数年、古くからのしきたりや習わしは大事にしようという人たちが増えており、その影響もあって婚約指輪を贈るという人もまた増えてきています。
実際に、結婚するカップルの半数以上は婚約指輪を受け取ったというデータもあります。

婚約指輪とは、婚約の誓いとして渡すものですが、一般的にプロポーズの時に一緒に渡すことが多いです。
記念としての存在であることもあって石があしらわれているのが特徴で、永遠の輝きを失わないように、純潔で高価、といった理由からダイヤモンドがあしらわれているものを贈るのが一般的です。

婚約指輪の予算

婚約指輪を贈る際に気になるのはやはり予算です。
一般的に石があしらわれているものを贈ること、給料三ヶ月分が相場、なんて言われるために準備する方も緊張をするものです。

実際の予算としては20万円から30万円ほどが主流です。
どうしてもダイヤモンドのような石が組み込まれるために費用が高くとなるのです。

購入する婚約指輪の値段というのはブランドや石の種類や大きさによっても変わってきます。
芸能人が会見で見せるようなものは石も大きくそのクオリティが高いものを選んでいるために数千万円とかするものもあるのです。
重要なことは身の丈にあったものを選ぶことであり、無理をするよりもきちんと彼女の好みのものを選ぶことが何よりも重要です。

婚約指輪の選び方

多くの場合、プロポーズの際に婚約指輪を用意しておくために、事前に男性が購入しておくということも多いものです。
彼女の指輪のサイズや好みがわからないという場合が多く、そのような際にはどうやって選べば良いか悩むものです。
女性というのは婚約指輪に憧れがありこだわりもありますから、自分の好みを押し付けるのではなくやはり彼女の好みのものを贈る方が喜ばれますし記念にもなります。

そこで、多くの人たちは事前に婚約指輪としてどのようなものが欲しいのかを一通り彼女に聞いてしまうものです。
ブランドやデザイン、石の種類といったもののこだわりを聞いた上でそれを元に自分が選ぶというパターンを取ることもありますし、一通り聞くだけでなく一緒に実物を確認してサイズ確認まで済ませて購入もその場でしたりすることもあります。

中には彼女の欲しい指輪を知るために一緒に指輪を見たとしても、少しのサプライズ要素は残したいという人もいるものです。
そのような場合には、後日一人で購入に来ていつ手渡すかということだけはわからない状態にしておくということもできます。