職場での結婚報告

職場

上司に結婚を報告

結婚が決まったら、職場へ報告をする必要があります。
どんなスタンスで職場と関わりがあるかによって報告する方法が異なりますが、順番や報告の仕方、結婚式の招待などいろいろ決めておく必要がありますね。

上司に報告する場合は、「結婚式に招待する場合」と「結婚式に招待しない場合」で報告の仕方が異なります。
結婚式に招待する場合、招待状を出す前に報告を兼ねて「招待したい」という意思を伝えて予定を伺います。

「この度結婚することになりますので、結婚式を行う予定で、ぜひ○○(上司)にもご列席いただきたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。」など。
結婚することと、いつどこで結婚式をするのか、参加してほしいという気持ちを伝えておくと良いでしょう。

結婚式に招待しない場合、 3ヶ月前には報告をしておきましょう。
退職する場合でも人事の都合がでてくるので、結婚することと結婚式を行うけれどお招きしないこと、結婚式はあげないなどの意思を伝えておきましょう。

どちらの場合でも、その場で結婚式への参加の返事を求めたりしないようにしましょう。
あくまでも仕事に支障が出ないように配慮して話を進めていきます。

今後について

今後結婚しても仕事を続けるのか、退職するのかという点のみ会社に必要な情報です。
結婚報告までに決めてあわせて報告をしておく必要があります。
退職するのかそれとも仕事を続けるのか、退職するなら希望日はいつなのか、結婚休暇などのスケジュールを決めておきましょう。

少なからず上司や同僚には負担をかけてしまうことになります。
引き継ぎや今後のことはしっかりスケジュールを立てて不足のない配慮しておきましょう。

同僚へ伝える場合

職場の同僚に伝える場合も、結婚式へ招待するのかしないのかなど基本的に上司にする報告と変わりありません。
ただ仲の良い同僚の場合は、先に伝えましょう。
そして上司に報告する前に公表しないように念をしておきます。

結婚式に招待する同僚の場合、スピーチや出し物などお願いすることがあるでしょう。
ですから結婚式の予定を立てる前から伝えておくのもいいかもしれませんね。