二次会の準備をする

二次会

結婚式の二次会

二次会とは、披露宴とは違って友人を中心として和気あいあいと楽しい雰囲気でパーティをすることです。
披露宴で呼ぶことが出来んか合った友人も呼んで、男女の費用額に差をつけて会員制とし行います。

新郎新婦は、結婚式でいっぱいになり二次会の話を後回しにしがちです。
ですが、親しい友人に幹事を頼んでしまうよりも新郎新婦で準備をしてしまったほうが結構楽しめます。

二次会の準備は最低でも結婚式から3か月前までには必要です。
必要な準備や招待客のリストなどを作成し、楽しい二次会を開催しましょう。

二次会準備で必要なこと

二次会では、友人だけを招待するのか?
それとも職場の人も招待するのか?

家族や親族は呼ぶのかなどゲストをリストアップします。
一人で寂しい思いをしないようそれぞれ、職場から2~3人、親族から2~3人など絶対に一人にならないよう選んでいきましょう。

通常、二次会ゲスト人数は平均で50名ほどです。
当日にドタキャンをする方もいますから、予想している人数よりも少ないことを想定しておきましょう。

二次会の回避や予算は、平均で6.000円程度です。
女性は男性よりも1,000円ほど安くします。

ゲームや余興をやるのならパーティ制にして、ライブハウスや商業施設などを貸し切り、行います。
ゆっくり話せるようにするのなら心地よく会食ができるようになごやかな雰囲気の場所を選びましょう。

二次会の幹事や司会はそれぞれお願いをしておきます。
親しい友人がベストですが、新郎新婦のどちらの友人でもかまいません。

結婚式が近づいてきたら

二次会の幹事とも打ち合わせを入念に行っておきます。
内容やプログラム、BGMや出し物など。
「その場でなんとかなるだろう」という考えは持たないように。

二次会に関しては、招待などメールや電話で伝える方も多いですがやはり招待状を送り出欠をとっていたほうが無難です。
招待状には、会場名やアクセス方法、駐車場の有無、会費や出欠確認など結婚式の招待状と同じように詳しく詳細を明記しておきます。

出欠が確認できたら、進行表を作成して実際に必要なものを揃えておきましょう。
ゲームや余興関連のアイテム、電卓やクラッカー、延長コードなど。
それぞれ幹事、司会、受付など役割も再確認しておきます。

結婚式は一大イベントです。
二次会もまたしかり。
二次会でも手を抜かずにスケジュールを組み、最高の結婚式を挙げましょう。