結婚式のスーツ選び

結婚式ドレスの多様化

昔は結婚式といえば黒のスーツを着て白いネクタイをするのが定番スタイルでした。
この定番スタイルがあるおかげで特に迷うことなくその格好さえすれば良いものでした。

しかし、最近は結婚式の服装のルールがどんどんと変化しており式に参加する人たちの服装についてもそのルールが緩くなってきています。
そのためカジュアルなスーツで参加している人を見かけることもあり「この服装で来て大丈夫なの?」と思うようなこともあるものです。

実際、式の服装というのは明確なルールがあるものではありません。
そのため新郎新婦との関係性や結婚式のタイプ、アパレルや芸能関係といった仕事の種類といったものによっても左右されるものです。

ただし、不適切な服装で参列することは、失礼にもなりかねません。
そこである程度のルールを知った上で選ぶことがポイントとなります。

結婚式のスーツの基本ルール

結婚式のスーツ選びの際、基本となることはあくまでも新郎新婦の引き立て役であるということです。
新郎新婦や新郎新婦の家族に視線が行くよう、あまりにも目立つ格好は避けるべきです。

新郎新婦の色ですから、あたり前ですが白のスーツは厳禁です。
中にはベージュならと考える人もいますがベージュは白に見えてしまうこともあるので勘違いを防ぐためにも避けるべきです。

基本は黒やグレー、ネイビーの無地であり、目立たないストライプぐらいまでにしておくべきです。
パンツはジャケットと同じような柄のものであり、裾を折り返していないものが望ましいです。
ベストはジャケットと同系色もしくはグレー、シャツは無地の白シャツ、ネクタイは柄物や蝶ネクタイを活用することでおしゃれを演出することもできますが、時間帯や式のタイプによって選ぶことが必要です。

服装選びの際に気にするべきこと。

服装を選ぶ際には新郎新婦との関係、式場の雰囲気を考えた上で選ぶことが重要です。
新郎新婦と関係が近い親族であったり、立場が上であったりする場合にはやはりあらたまった服装であることが望ましいのでかっちりとしたスーツで参列すべきです。
友人の中でも親密度が高いような場合には少しカジュアルな服装をすることで場の雰囲気を華やかにすることができます。

また、会場によっても選ぶべきファッションは変わって来ます。
基本的にはホテル、結婚式場、レストランの順でカジュアルになっていきます。

最近は国内や外国のリゾート地で行うリゾートウェディング、ガーデンウェデングといった新しいタイプも式も増えており、そのような式では少しルールが異なります。
リゾートウエディングであれば、ハワイならばアロハシャツ、沖縄ならばかりゆしウェアのようにその土地のものをお揃いで着るという例もあります。
ガーデンウエディングもかなりカジュアルな服装で良いこともありますから、それぞれ新郎新婦の意向に従って服装を決めることが重要です。