子育て

赤ちゃん

子育てに活用したい情報

子供は一生の宝と言いますが、お腹の中に居る時から子供が成長し、大きくなるまで様々な悩みや不安に直面することでしょう。
まず、子供ができたらどんな名前にしようか?
名づけに悩む方は多いと思います。

最近ではできちゃった結婚や、未婚のまま出産される方も増えました。
同時に、名前に対しての名づけの考え方も変わってきています。

通常の読み方だけではなく、漢字からイメージされることばで名づけたり、他人からは読めないような名前を付ける方もいます。
子供が将来恥ずかしがるような、後悔するような名前はつけたくないでしょう。
そこで、読み方やイメージばかりを意識するのではなく日本人らしい昔ながらの名づけ方も踏まえて付けるべきです。

若い世代のママ・パパは特に不安や悩みを抱えていると思います。
経済的にも苦しい家庭が多いかと思います。

そこで、2015年から新たにスタートする子育て支援制度について学んでおきましょう。
子育て支援制度とは、共働き世代の未就学児入園をサポートするための制度です。

若い世代での子育ては大変ですが、こういった新制度をしっかり活用して豊かな生活を目指していきましょう。
また、苦労もあるかと思いますが、若いパパ・ママの強みを生かして子育てを楽しみましょう。

夜泣きの対処法

生まれたばかりの赤ちゃんは寝てばかり。
昼夜問わず寝ていることがほとんどですが、生後1か月から2か月頃にもなると夜泣きがはじまります。

授乳かと思ったら、おっぱいを飲んだあとでも泣いている。
「眠れないのか?」「どこか痛いのか?」
不安と不眠で悩んでいるママへの夜泣き対処法についてもご紹介します。

3才や4才の頃になると、夜泣きは自然になくなると言われています。
それまでの辛抱だと思っても、やはり1時間置きに泣く時期だってありますし、子ども自身体調が悪い時など特に寝付ききれずに泣いていることも。

そういう時は、寝る前にマッサージをしたり泣いている時にすっきり起こしてあげたり。
対処法はいくらでもあるので、色んな対処法を実践してみてその子に合った寝かしつけの方法を実践してみましょう。

若い世代はこんな得がある!

3才でスマホを操作している子を見かけたことはありませんか?
今の時代はインターネットが普及し、最も機器に対しての使用年齢が低くなっているといえる時代です。

スマートホンのようなおもちゃでも、3歳以上に向けたものが販売されていますし、今では小学生でもスマホを持ち歩いている時代です。
今の時代からこそですが、パソコンなど大人が仕事で活用する機器でさえ小学生で使いこなしている子がたくさんいます。

低学年ながらCGを駆使した動画を作成していたり、パソコンを分解して自分で組み立てることができる小学生もいます。
IT分野への職業が多くなってきていますから、こういった現代に溶け込んでいる子供たちは、これからの将来をになっていくであろう知識溢れる子供たちです。

若い世代の両親は特に、子どもに対してのスマホやパソコン操作への考え方が柔軟だと思います。
昔では小学生に携帯電話など考えられない時代でしたから。
若い世代だから得だと考えるのも、ありだと思いませんか?

>>子供の名づけ方
失敗しない子供の名づけ方

>>若いパパ・ママの強みとは
若いパパ・ママには強みがある!

>>子育て支援制度を知ろう
子育て支援制度を活用しよう

>>夜泣きへの対処法
夜泣き対処法や予防法

>>子育て便利グッズ紹介
子育てに活用したい便利グッズ