子供の名づけ方

子供

名字との相性

世間ではよく「名字と名前の相性」というように名字を基準で名づける方が多いでしょう。
名字にサンズイやキヘンがあると、それらの漢字は名前に入れてはいけないなど言われています。

しかし、基本的には、名づけに名字との相性などはなく、占いでの名字との相性を気にされるのは人それぞれです。
名づけとは、「どういった名前にしたいか」と考えるだけで良いので、後々後悔しないような両親の思いを精一杯表現した名前が理想でしょう。

相性を気にしすぎると、名字によってつけられる名前の範囲が限られてしまいます。
たとえば、名字に「よし」がついていると、名前に「よし」が入れにくくなるなど。
ある程度のバランスを気にするのはもちろんですが、あまりに気にしすぎるのも良くありません。

名づけで人気の名前

2014年に人気だった男の子の名前は、「はると」、「ゆうと」、「そうた」です。
男の子の名前は、3文字が多く、「き」や「と」、「た」など、男の子らしい終わり方で名前を付ける方が多い傾向にあります。

反対に女の子に人気の名前は、「はるか」、「めい」、「ゆい」、「みゆ」など。
2文字の名前が多く、「りほ」や「ひな」なども人気です。
「は行」や「な行」で終えると女の子らしさが目立ち、2文字だと特に女性らしさが生まれます。

両親は一般的に、「こうなってほしい」、「こう育ってほしい」という想いを込めて名付けます。
とても大切なことなので、その想いは重視するべきですが、漢字が持っている意味でその子の人生をしばってはいけません。
あくまで親の想いだということをしっかりと理解しておくと良いでしょう。

また、不安で決められないというのなら、「運勢」に従って決めるのもありでしょう。
>>赤ちゃんの名づけ命名
こちらのサイトで画数を使った運勢を占うことができるので、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

やはり、名付けた名前の運勢は誰もが気になるものです。
占いを信じない方でも、一度使ってみると、名付けの参考になるかもしれません。
将来的にも本人が運勢を気にする場合もあるので、慎重に名前を選びましょう。

あまりこだわると・・・

「男女を間違えてしまう」、「人が読めないような名前」、これらはあまりおすすめできません。
最近の名づけの傾向ですが、あまり個性的な名前だと誤解をまねき、物心がついてから子供自身が嫌がるケースが多発しています。

最近では、男性でも「みき」や「はるか」、女性では、「りょう」や「らん」などが挙げられるでしょうか。
男女を問わずに名づける方が増えていますから、個性的な名前にたいしては少し配慮してください。

親自身、子供自身が将来に後悔しないような名前を付けるのが大切です。
そして、子供が一生誇れるであろう名前をつけてあげましょう。