式のスタイルを選ぶ

挙式

挙式スタイルの種類

結婚式といえば挙式。
挙式スタイルは本人たちの意思だけではなく、互いの両親の思考を尊重し決定する必要があります。
それぞれのウェディングコンセプトによってどんな挙式が適しているか異なるので、ふさわしい挙式スタイルを選び、最高の結婚式を挙げましょう。

挙式スタイルについて悩んでいる方の質問があったので、先にご紹介しておきます。
やはり、憧れと両親の理想との相違について悩んでいる方は多いので、家族でしっかり相談して挙式スタイルを決めましょう。
>>結婚式の挙式スタイル

挙式スタイルには、主に4つの種類があります。
キリスト教式、神前式、仏前式、人前式です。

信仰している宗教があればそれに従い、希望しているセレモニーコンセプトがあればそれに合わせます。
すでに会場を決めているならば、会場の設備に合せて選ぶのが良いでしょう。
会場ごとに宗教の違いがあるので、先にチェックしておくことをおすすめします。

キリスト教式と神前式

キリスト教式は教会で行う式のことですが、宗派によっては信者だけの儀式としている会場もあるので注意が必要です。
ホテルやゲストハウスにあるチャペルは宗派関係なくできるので、信仰をあまり気にしない場合は、ホテルやゲストハウスを選びましょう。

神前式は日本の伝統ある和装に身を包み、三々九度や玉串礼拝を行う古き良き儀式。
最近でも日本人だから一度は体験してみたいと神前式を選ぶ方が多く、和のウェディングとして人気です。

近隣の神社や著名な神社でも神前式を行うことはでき、ホテルやゲストハウスでも式場に神殿を設けているところもあります。
また、神前式の場合は挙式のあとに近隣の会場へと移動して披露宴を行うこともあるので、こちらも事前にチェックしておきましょう。

仏前式と人前式

仏前式は信仰宗派のお寺などでご先祖様や仏様に契りを誓う儀式を指し、親族のみが参列するのが一般的。
宗派を重んじる家柄の方が行うことがほとんどのようです。

基本的には神前式スタイルと似ていますが、新郎新婦どちらかがそのお寺の壇家でなければいけません。
熱心な仏教徒でなければいけないところもあるので事前に確認しておきましょう。

人前式は参列者に結婚の承諾をしてもらうスタイルです。
宗派や特定の信仰など関係なく行うことができるので、個性的なセレモニーを行うことが可能。
また、宴会場やガーデンで行うこともできますし、和装でもウェディングドレスでもどちらでもかまいません。

最も自由なスタイルで行う挙式といえば、「人前式」だと言ってよいでしょう。
先述した以外にも、レストランや式場、商業施設のホールやテーマパークでも開催することができます。
宗教は、好きなスタイルで挙式が楽しめますが、一般的に人気なのは「キリスト教式」です。

最もオリジナル度の高い挙式と言えば

人前式は最もオリジナル度の高い挙式です。
神仏の代わりに、列席者へ結婚を近い承認になってもらうスタイルなので、最近では最もなじみある挙式になっています。

しかし、ご両親やご年配の方にはあまり馴染み深くないかもしれません。
衣装はもちろんのこと、式の進行や準備も自由にプランニングできますが、あまりにオリジナリティを出し過ぎると、年配の方には受け入れがたい印象を与えてしまうので注意しましょう。

演出次第では、格調高い挙式としてアットホームな挙式とになり、とても楽しめます。
式を行うスペースを借りて祭壇を設置すると5万円以上はかかりますが、自由にカスタマイズできるので誓約書や指輪交換をする程度の短い時間で済ますことも可能です。

考え方によっては費用も抑えられますし、形にこだわらない式が楽しめます。
チャペルでの挙式は女性にとって憧れ。
宗派を気にしない方は、キリスト教式がおすすめですが、オリジナリティを出したい方には人前式がおすすめです。